img_01

渋谷で脱毛の賢い情報

毛の表面に出ている部分と、皮膚の中に埋まっている「毛根」と呼ばれる部分があります。

毛根の根っこには、毛を作りだす「毛乳頭」や「毛球部」があります。
永久脱毛では、毛を皮膚の下にある毛根から破壊して、再び生えてこないように処置します。
自分でムダ毛をお手入れする場合、目に見える部分の毛を剃ったり抜いたりしても、皮膚の中に毛根が残っているので何度でも生えてきます。


これに対し、永久脱毛では毛の根っこから処置するので二度と生えてこなくなるのです。

人間の皮膚の細胞は28日の周期で新しいものへと生まれ変わっています。
これと同じように人間の毛にも「毛周期」と呼ばれる再生サイクルがあり、「成長期」「退行期」「休止期」という3つのサイクルを繰り返しています。
そして、毛の1本1本は、それぞれ独自の毛周期を繰り返しています。



渋谷脱毛NETを初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます 。



動物の中には犬などのように毛が生え変わる時期が決まっているものもいますが、人間の場合は、1本1本の毛それぞれが時期を変えて生えたり休んだりするので、一度に抜け落ちたり、生えたりすることがありません。
永久脱毛では、この毛周期をうまく活かして処理するため、施術は数回に及びます。

タイミングとしては成長期に処理するのが最も効率がよく、この時期にレーザーなどで毛母細胞を破壊すると、毛は成長できなくなって、結果的に生えなくなります。

永久脱毛には、いろいろな処理の方法がありますが、このように毛周期を利用して行うので、完全に脱毛するまではある程度の期間がかかります。



今話題のhttp://nioi.think-web.net/についての最新情報をご用意いたしました。



永久脱毛には、エステで行う脱毛と美容外科で行う脱毛があります。
レーザー脱毛は医療機関に限られた永久脱毛法で、エステではできない施術です。
理由は、レーザー脱毛は医療行為とみなされ、国家資格のある施術者が取り扱わないと危険だからです。
また、レーザー脱毛の機械にもいろいろな種類があり、それぞれ効果が違うようです。

エステで行うか、美容外科で行うか、そのサロンやクリニックの脱毛方法や機械を良く調べ、慎重に施術を選んでほしいものです。




  • 渋谷で脱毛の賢い情報
  • 丈夫な池袋の脱毛